シールド

このエントリーをはてなブックマークに追加

3.2.1 オンアクセススキャン

オンアクセススキャンが選択☑設定により、ファイルを読む際にウイルス感染が

ないかを確認します。同様に更新ファイルを書き出す際についてもウイルス感染

の確認を実施します。

起動中、スプラッシュ画面を表示が選択☑設定にて、オンアクセススキャンが

有効時にスプラッシュ画面が表示されます。

要求されたアクション

以下の内容から選択する事ができます。

  • ユーザに確認

ウイルス感染の疑いがある際にユーザに確認を行います。

  • アクセスの拒否

ファイルへのアクセスをブロックします。

  • 修復

修復可能であれば修復を試みます。

  • 隔離室に移動

隔離室に移動します。復活、削除などを後に選択できます。

  • リネーム

ファイルの拡張子を変更します。

  • 削除

ウイルス感染のファイルを削除します。

 

以下の内容から選択する事ができます。

  • すべてのファイルのスキャン
  • 次の拡張子を持つファイルのみスキャン

「変更」ボタンをクリックにより、拡張子の一覧が表示されます。

この一覧に必要に応じて追加・修正・削除等を行います。

  • 次の拡張子を持つファイルを除外

指定された拡張子のファイルをスキャン対象から除外します。

よく理解されたユーザ様のみこのオプションをご利用下さい。

 

 

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*